ナビゲーションメニューへ

DJKの公開生放送、無事終了しました。ゲストは全部で六名。ファームのメンバーにも応援してもらい良かったなと。今日来た時、罵声が飛ぶのではと本人凄く緊張と不安でいっぱいでしたが、温かい拍手や仲間、その場で快くゲスト出演を引き受けてくれた円山のメンバーに感謝です。放送終了後喫煙所で目が痛いと目を潤ませていたDJKの姿が印象的です。安堵感か周囲の温かさを感じたのではないでしょうか。
準備期間三ヶ月と長めでしたが苦手なパソコンにもチャレンジ。ワードとネットについて取り組みました。4時間かかった打ち込みも最後は30分に。今ではネットカフェに週一回行ってるそうです。

 

パソコン講座がありました。今回はひとりであっため、先週あったワーカーズ交流会の振り返りをメインに実施しました。発案者である方は振り返り、幹事は色々と疲れたが、みんなの喜ぶ顔が見れて良かったと言っていました。人が喜ぶ顔をみて嬉しいと感じる。仕事をする魅力です。新入社員がすぐに辞めてしまうという話はよく耳にします。人の喜ぶ顔をみて、嬉しいと感じるには、少しだけ時間が必要ですが、サポートステーションの活動を通じてたくさんの方に、言葉ではなく、体験や実感として伝えることができれば思います。

8月30日のワーカーズファームの報告です。本日の参加者は4名でした。午前中は、いつものように炊事からスタート。今日は、図書室から本を持ってきてレシピを見ながら炊事のメニューを考えました。そこで出たメニューは、揚げナスと肉じゃがでした。肉じゃがが出たことに驚きながらも、前日に円山農園で収穫したジャガイモを少しだけ頂き作りました。完成した、揚げナス肉じゃが共に味はとても美味しく、男性ばかりで作ったものとは思えませんでした。午後からは、面接練習をおこないました。面接の作法や声の大きさなどまだまだ練習する必要はありますが、話しの内容はとてもわかりやすくとても良かったです。また、面接を受けるだけでなく、外から見る方、面接官役なども体験し、実りの多い一日となりました。

本日も思い思いに就職活動を行いました。
履歴書を書き溜めする人、情報誌を検索する人、ボランティア情報を検索する人など、それぞれの状況に応じた活動です。

終了後は皆で息抜きの雑談がはずみました。幸せとお金の関係や今後のことなど。
一人でがんばる時間とグループでがんばる時間、どちらもワーカーズキャンプの特長ではないかと思います。

ワーカーズファーム1期から5期までの参加者が集まっての交流会がありました。参加者は全部で18名と予想以上の参加者に驚きつつも、すすきのの焼肉屋さんで開催されました。お店を使った交流会とはいえ準備期間は約1カ月半。アンケートをとったり、お店の調整をしたりと準備に関わったメンバーは大変だったのではないでしょうか?人間は仕事だけでも、遊びだけでも心のいいバランスをとることは難しいと考えると、今回の交流会は意義深い時間だったのではないでしょうか。初めて、すすきのに出た方や7年ぶりに来たなど経験や体験という面で大切な時間になりました。参加したメンバーは普段話すことのない他の期のメンバーと語り合い楽しい時間を過ごしていました。一次会の後は15名の方が二次会でカラオケとお酒を楽しみました。

今回のパソコン講座は、ワードということでFAXの頭紙に挑戦しました。図の挿入や下線の引き方などワードの基礎を復習しました。その後、張り紙や交流会のアンケートなどを作りました。自分の興味のあることから始めると皆さん上達が早く、驚きです。

 

DJKの「イブングスコープ」3回目の収録がありました。今日の出演はG・Gさん、お話が上手な方なためDJKも少々緊張していたようでしたが、無事終了しました。DJKへ女性利用者からファンレターが届くなど、次週の公開生放送へ向け、人気は好調のようです。現在募集しているゲスト出演者も3名中2名が決まりました。収録後は、公開生放送へ向けた準備をしました。流れや話す内容など考えることはたくさんありますが、諦めず最後まで頑張っていました。

在学時キャリアプログラムの一環として、レッツ中央の近隣にある定時制高校に週2回、進路アドバイザーとして来校しています。

面談の中で、製菓店に就職希望の生徒と「パティシエになりたい!!」 「実際にパティシエの人とお菓子作りながら仕事について話しようよ。」というやり取りから、8月23日(木)にレッツ中央で実現しました。(参加者2名)

当日は ☆白いパティシエ☆ の格好をした卵たちが一生懸命、ムースとミニパフェを作りました。完成をして涙??があふれました。

レッツにはさまざまな仕事をされている方が利用しています。高校生と、身近な社会人とが接点を持つ機会を今後も作っていこうと考えています。

添付サイズ
SBSH0017.jpg14.95 KB
SBSH0050.jpg12.04 KB
SBSH0020.jpg14.79 KB

 ラーメン「和知」さんでのジョブトレーニング(職業体験)がスタートし、半月がすぎました。4名のメンバーがジョブトレを終えています。

猛暑が続く中、ぐったりすることもありましたが、5日間を無事乗り切りました!その後も前向きに活動しているメンバーの方が目立ちます。店内業務以外にも、講義や店に居合わせた方との出会いが今後の活動の「もと」となります。現在ジョブトレ中の方、これからスタートする方も目的を持って臨みましょう♪

今日も「和知」さんではジョブトレ実施中です。

8月23日のワーカーズファーム5期の報告です。今まで、職員が話をしていた、最近のニュースを参加者が話をしました。内容は、豊平区での中学生とPTAの取り組みで、中学生と相談しながら街づくりをしていくという内容の記事を、「共生」という言葉をキーワードに解説してくれました。その後は、いつものように昼食作りをスタート。昼食作りではサンドウイッチとスープとヨーグルトデザートをつくりました。卵サラダが好きな私にとっては、とても嬉しいメニューとなりました。午後からは、来週の模擬面接練習に向け履歴書を書きました。二人一組になり、お互いに相談しながら模擬面接の業種を決めました。求人誌を見て、業種の内容について問い合わせるなど、少しずつですが変化の様子が見られてきました。