ナビゲーションメニューへ

DJKの「イブングスコープ」3回目の収録がありました。今日の出演はG・Gさん、お話が上手な方なためDJKも少々緊張していたようでしたが、無事終了しました。DJKへ女性利用者からファンレターが届くなど、次週の公開生放送へ向け、人気は好調のようです。現在募集しているゲスト出演者も3名中2名が決まりました。収録後は、公開生放送へ向けた準備をしました。流れや話す内容など考えることはたくさんありますが、諦めず最後まで頑張っていました。

在学時キャリアプログラムの一環として、レッツ中央の近隣にある定時制高校に週2回、進路アドバイザーとして来校しています。

面談の中で、製菓店に就職希望の生徒と「パティシエになりたい!!」 「実際にパティシエの人とお菓子作りながら仕事について話しようよ。」というやり取りから、8月23日(木)にレッツ中央で実現しました。(参加者2名)

当日は ☆白いパティシエ☆ の格好をした卵たちが一生懸命、ムースとミニパフェを作りました。完成をして涙??があふれました。

レッツにはさまざまな仕事をされている方が利用しています。高校生と、身近な社会人とが接点を持つ機会を今後も作っていこうと考えています。

添付サイズ
SBSH0017.jpg14.95 KB
SBSH0050.jpg12.04 KB
SBSH0020.jpg14.79 KB

 ラーメン「和知」さんでのジョブトレーニング(職業体験)がスタートし、半月がすぎました。4名のメンバーがジョブトレを終えています。

猛暑が続く中、ぐったりすることもありましたが、5日間を無事乗り切りました!その後も前向きに活動しているメンバーの方が目立ちます。店内業務以外にも、講義や店に居合わせた方との出会いが今後の活動の「もと」となります。現在ジョブトレ中の方、これからスタートする方も目的を持って臨みましょう♪

今日も「和知」さんではジョブトレ実施中です。

8月23日のワーカーズファーム5期の報告です。今まで、職員が話をしていた、最近のニュースを参加者が話をしました。内容は、豊平区での中学生とPTAの取り組みで、中学生と相談しながら街づくりをしていくという内容の記事を、「共生」という言葉をキーワードに解説してくれました。その後は、いつものように昼食作りをスタート。昼食作りではサンドウイッチとスープとヨーグルトデザートをつくりました。卵サラダが好きな私にとっては、とても嬉しいメニューとなりました。午後からは、来週の模擬面接練習に向け履歴書を書きました。二人一組になり、お互いに相談しながら模擬面接の業種を決めました。求人誌を見て、業種の内容について問い合わせるなど、少しずつですが変化の様子が見られてきました。

 どのような作品を作ったらよいか悩む姿も見られた本日の陶芸の会。11月末の作品展示に向け、イメージをふくらませてもらえたらと思います。そのためにも、技術を向上させねば・・・。

 テーマを決めるのもよし、誰かへのプレゼントを作るでもよし、何か目的があると作りやすいかもしれないですね♪

 皆さま、11月末の作品展示を楽しみにしていて下さいね!

本日のワーカーズキャンプ(WC)は6名の参加者が情報誌検索や履歴書記入を行いました。

情報誌を見ながら「○○さん、こういうところどうですか?」「○○さんは不合格になっても何度もチャレンジを続けていますが落ち込まない秘訣は?」なんていう会話がありました。

これからもグループで就職活動に取り組むメリットを活かしつつ、それぞれの自立に向けて進んでいくことを願っています。

 

8月19日の日曜日に、アルキタシゴト塾というイベントに、ワーカーズファーム参加者(10名)と参加して来ました。様々な職種の話が同じイベント会場で聞かれるという、なんともお得なイベントでした。参加したメンバーはそれぞれ興味のある職種の話を聞いていました。おぼろげだった将来就きたい仕事というものが、少しだけ現実味を帯びたのではないでしょうか。10時~17時と長時間でしたが、皆様お疲れ様でした。参加したHさんが、日本ハムとソフトバンクのペアチケットを当てるなど運の方も好調でした。

 

本日、DJKのイブングスコープの収録がありました。今回で3回目、今日のゲストはワーカーズファーム2期の同期メンバーのT君でした。2期が始まった頃の2人のことを思い出し、人間は変わるなぁと実感しました。2週間ぶりということもあり、リクエストBOXには7枚のはがきがはじまって間もないですが、確実に定着してきていると思います。気になる2人の会話ですが、緊張しながらもきちんと話をしていました。今回の館内放送ラジオを通して感じたのですが、面接の練習に結構役に立つのではと思いました。質問されたことに関して、答えに肉付けをして話をするということは、ラジオも面接も変わらないなぁと。公開生放送の日付も決まり、残り2回の放送が楽しみです。

ワーカーズファーム5期の活動の様子です。今日は、お盆期間ということもあり、参加者は4名と少なめでしたが、集まったメンバーで猛暑を吹き飛ばすスタミナ料理をテーマに野菜炒めと豚肉の生姜焼きを作りました。私も含め生姜焼き初チャレンジということもあり、本を調べ味付けをしました。濃いめの味が苦手な私にとっては、野菜炒め、生姜焼き共に最高でした。スタミナをつけたところで、午後のプログラムへ午後からは仕事意識とプロの仕事について考えました。後半は、グループ推理ゲームをして楽しみました。プロの仕事ってすごーく難しいなぁと思いました。お金を貰えばプロ?プロとは何かという質問に、自分に厳しい人と答えてる方がいました。私も同感です。自分に厳しく今後も研鑽していきたいと思った一日でした。

今日はスタッフ2名で札幌市精神保健福祉センター(こころのセンター)のプログラム見学に行ってきました。

同所はサポステのネットワーク機関でもあり、お互いに連携をとって若者支援を目指していくことを改めてお願いしてきました。
私たちサポステスタッフにとって、こころの問題の専門機関と連携がとれるのは心強い限りです。
こころのセンターの皆さんにも就労サポートの部分でサポステの存在を心強く思っていただけるよう、がんばっていきたいと思います。

※サポートステーションでは、専門の相談員が個人面談を行い、課題解決に必要なプログラムの提供や、こころのセンター等の紹介を行います。まずはお気軽にお問い合わせください。