ナビゲーションメニューへ

ワーカーズファーム4期の11回目。

午前の炊事プログラム…今日のメニューはサンドイッチ、バナナクレープ、麦茶。+スタッフからのスペシャルメニュー「ミネストローネ」です。全員での調理も当初に比べると格段に手際がよく、無事完成!

午後は先週に引き続き、模擬面接(後半)と炊事企画を行いました。グループでの計画たては午前中の炊事プログラム以上に各自が役割を持って望まなければなりません。本日完成した企画は、来週・再来週と炊事プログラムにて実施!来週が楽しみです。結果はリポートにて報告します。

また、8月からジョブトレーニング(職場体験)がスタート!!現在準備を進めています。メンバーの皆さんもスタッフもさらに気を引き締めていきましょう!

昨日ワーカーズファーム5期がありました。今回は、2回目の炊事ということで、みんなで今後も考えお米を購入しました。メニューは餃子と味噌汁。時間がかかるのかと思いきや、手際よく作業を進め時間内に終了しました。午後からは、自分の長所と短所について考え、その後人それぞれの違いを実感するプログラムとして、「夏の円山」というテーマで全員で写真撮影にいきました。同じテーマでもそれぞれ違った感じ方があると実感していたようでした。

今週のワーカーズキャンプは5名で実施しました。

※ワーカーズキャンプとは、実際に履歴書を書いてみたり、
 求人誌を見て問い合わせをしてみたり、
 ”働くことを実際に始めてみる”段階のサポートプログラムです。

今日もそれぞれアルバイト情報誌などを見て、
気になるところに問い合わせをしていきました。
電話をかけるのはなかなか緊張しますが、
聞きたいことをメモに書き出し、勇気を出して電話をしています。

やりたいことが見えなかった人たちも、情報誌を見ながら
「どうしてそこが気になったのか」「どうしてここは選ばないのか」を
問いかけていくことで、自分の価値観や基準が見えてきます。

来週面接が決まった人もいます。
私たちスタッフもしっかり準備をフォローして臨みたいと思います。

ワーカーズファーム4期の10回目。

午前は、炊事プログラム。メニューはクリームシチュー、春雨サラダ、ごはん、コーヒーゼリー、麦茶。デザートをつけることが定番となっています。

午後は、模擬面接と企画づくりを同時進行で。面接のあき時間を利用し、2グループに分かれて炊事の企画をたてました。2ヶ月の間、同じメンバーで作業をしているため「この人は○○が得意なのでこの役割をお願いしよう」などとお互いをいかすことを考慮した計画が進んでおり、実施が楽しみです!

今日は、音楽プロジェクトを円山で実施しました。DJKのCDランキング作り向け着々と準備が進んでいます。8月からはレッツ円山限定のDJKの「イブニングスコープ」が館内放送で流される予定です。皆さんお楽しみに!

先週の木曜日から、始まったワーカーズファーム第5期は今回初の昼食つくりに挑戦しました。どうして昼食作りをするのか?昼食作りの時間で大切にしていること、手順を確認した後、早速話し合いがスタートしました。いつものファームでは、しばらく時間が経過してから、話し合いがスタートするのですが、なんと司会をやりますとすんなり手が挙がったことには少々驚きました。その後は、時間を考え先日作ったハスカップジャムを活かしたメニューにしようとなり、サンドイッチとスープに具材はシーチキン・卵・ハム、レタスなどバリエーションも豊富でした。味もバッチリです。午後からは、今までの自分について振り返り、前向きな考え方やファームが終了する頃にはどうなっていたいかを考えました。良くも悪くも人が変わるきっかけは、結局のところ人に行き着くと考えると、ファームでの出会いが変わるきっけ?いやもう変わり始めていると感じた一日でした。

ワーカーズキャンプが今日レッツ円山でありました。参加したメンバーは全部で4人。ファームの卒業生や現在ファームに参加しているメンバーなど様々です。初めて参加するメンバーもいたので、全員で自己紹介をしたあとそれぞれの作業にうつりました。求人誌を見て積極的に、会社に問合せをしました。なんと!2名の方が明日面接にいくことになりました。その後面接の練習を行い、明日の面接へ望みます!合格祈願?結果ではなくやはり過程が大切だと思う今日この頃です。

本日、ハスカップの収穫体験をしてきた、女性の方がレッツ円山で摘みたてのハスカップでジャムを作ってくれました。酸味と甘さ共に最高の出来でした。その後は、レッツ豊平にそすそわけを。ジャムにパンと至福の時間でした。

第4期ワーカーズファームの9回目。

午前の炊事プログラムは、献立決めに思いのほか時間がかかってしまいました。分担して準備を進め、遅れて昼ごはん。メニューは…ざるそば・うどん、わかめときゅうりの酢の物、白玉だんご、麦茶でした。

午後は前回に引き続き、各自作成した履歴書をもとに模擬面接の続きを。また、待ち時間で、参加者同士で1週間の生活についてアドバイス交換も行いました。

限られた時間をいかに有意義に使うか?それは個人の意識にかかっています。キーワードは「目的意識を持った行動」と「周囲への気遣い」。今後は「企画」をテーマとしたプログラムの予定です。

CD制作と館内放送に向け、現在DJKが奮闘しています。最近は、レッツ円山でもDJKの選曲が評判になっています。