ナビゲーションメニューへ

ブログ

土, 2010-02-06 21:54 | saposute

昨日、札幌市西区琴似というところにあるコミュニティFM局にお招きいただき、1時間半ほど生放送でお話ししてきました。
と言っても、こちらからはスタッフ3名で行き、途中で音楽やCMも入るので、ずっと私がベラベラ喋っていたわけではありませんが。

番組の内容は、「NEET問題を考える」。
パーソナリティは北海道大学の先生とコミュニティカフェの店長さんのお二人で、いろいろな質問を私たちに投げかけていただく形でトークはすすみました。

その中でとっても印象に残ったのは、北海道大学の先生が仰っていた「働いていない」ことと「働いている」ことの間に、それらを繋ぐもっと小さな段階があるべきだ、ということ。これは私も全くの同感で、例えばボランティアや地域活動などがそこに該当するわけですが、これらは実際に仕事に向かうための段階的なトレーニングとしても取り入れられていることが多いです。

さらに言えば、ちょっとニュアンスは違ってくるかも知れませんが、今の世の中では「働いている」か「そうでない」かがあまりに大きな違い、重要な問題になっているなぁと感じることがあります。
そしてそれがそのまま個人の人格までも評価するモノサシになっていることが多いです。

例えば同窓会で「君はいま何をやってるの?」と聞かれたら、「うん、いま同窓会に出席してるよ」と答える人はまずいなくて、「いま、○○の仕事をしてるよ」と答えるのが“常識”になっています。
これはつまり、ある年齢層の人間にとって、その人が何者であるか、ということの大半を、その人がどんな仕事をしているか、が占めているわけです。
そして周りからの評価も、このことによって非常に左右されるのです。
(だから無業状態にある人の多くは、同窓会にも行けずに交友関係を絶ち、孤立し、場合によっては社会から“引きこもる”リスクを負っているのだと私は思っています)

もちろん、サポステには「何とかして働きたい(働けるようになりたい)」という気持ちで来られる方がほとんどですので、こちらも精一杯そのお手伝いをしているつもりですし、「働こうがそうでなかろうが、そんなの大したことじゃないよ」とは言いません。実際に当人や周りの人にとってそれが大きな問題であることも、重々理解しています。
でも、それにしても「働いている」「いない」の境目があまりに大げさに取り扱われているような感覚は、常に持っています。
そしてこれはむしろ当事者である若者自身ほど、過重に評価しているようにさえ思います。

こういった考えについては、文字表現の限界もあってどうしても誤解を招きかねないので、これ以上ここで深入りはしませんが、そんなことをパーソナリティの北大の先生の言葉を聞いてから、ラジオの本番中に思っていました。と同時に「おっこれはブログに書けそうやな」なんてこともCM中に考えたりもしてました。
一緒に行ったうちのスタッフはとっても緊張していたのに、私は実はそんなことを考えながら喋っていました。ごめんね。

何はともあれ、ラジオ出演なんて人生でそうあることでもないし、とっても良い思い出ができました。後になって思えば、録音でもしとけばよかったな。
でも、自分の声って、録音して改めて聞くと、自己嫌悪になりますよね。
(自分の文章もそうなので、あまり読み返さないようにしています)

追記)このブログに書いている「仕事観」などは全て私個人のものであって、北海道若者サポートステーション全体のスタンスというわけではありませんので、ご理解ください。

スタッフ 松田考

水, 2010-02-03 13:01 | saposute

松田です!
前回のブログをご覧いただいた方から、メールをいただきましたので、ご本人許可のもと、原文まま転載します。
送ってくれたのは、いま自身も働くことに向けて頑張っている最中の、20代のサポステ利用者です。ありがとうございます。

********

シンポジウム、なかなか興味深いですね。

「旧き良き時代の真似事をするだけでなく、新しき良き時代を作るためにできることは…」
その後どんな話で盛り上がったのか、気になります。

仕事というのはどういうものなのか。
人との繋がりや地域との繋がりを失った今では、それが分からぬまま社会に出ようとし、断念・挫折する若者が溢れかえっているのでしょう。
自分の肌で、感覚として分かるのではなく、アタマで理解するだけ。
マニュアルに乗っ取った仕事は出来ても、コミュニケーションとか社会情勢や常識、人間力が欠落しているのは、そのせいかしら。

幸いといってはなんですが、今オススメのお仕事ドラマがあるので「仕事とは」「社会とは」を考えるきっかけになるかもしれません。

「泣かないと決めた日」火曜21時。
社会人のいじめ問題。
ドラマも壮絶ですが、実社会はドラマのように甘くはない。
新人OLがいじめから逃げずに立ち向かう姿は、是非とも見習うべき。

「エンゼルバンク」木曜21時。
転職のノウハウ満載。
実用的なヒントが多く、「仕事とは何か?」というものを垣間見れる気がします。

あと、書籍でいえば「平林都の接遇道」は、必読。
熟読し、体に叩き込みたいものです。

社会が変わることを指をくわえて待つのでなく、若者もそれ相応の努力をしなければ、決して仕事にはありつけません。

*********

以上です。
全くの余談ですが、これから出前をとります。
そばにするか、うどんにするか、悩んでいます。
全くの余談でした。

松田

土, 2010-01-30 13:19 | saposute

ご無沙汰してます、スタッフの松田です。

先日、奈良県で行われたシンポジウムに、パネリストとして参加してきました。
「ニートや引きこもりといった、若者の問題を考える」といった趣旨のシンポジウムです。

あっ、ところで皆さんは、シンポジウムとフォーラムとセミナーの違いが分かりますか?ウィキペディアを使わずに言える方は、すごいです。

・・・すみません、本題に戻ります。
そのシンポジウムというのがなかなか凄くて、主催は文部科学省。パネリストには、世界的に有名なイギリスの若者支援機構から金髪の女性が来たり、韓国で最近脚光を浴びているセンターの所長が来たり、日本の有名な学者さんがいたりと、間違いなく壇上で一番のペーペーは私でした。

そんな方々とのパネルディスカッションの中で、「地域コミュニティの崩壊」という話が何度も出てきました。
簡単にいうと、
・大人になって困難な状況に陥ったときに声をかけてくれる地域の温かみが無いため、社会から孤立してしまう(ニート状態が深刻化する原因)
・子どもの頃から地域のいろんなの人たちと触れ合うきっかけが無いため、対人関係に不安を持つ若者が増える(ニート状態に陥る原因)
といったことです。

ちなみにイギリスでは、スタッフが街に出て孤立している若者に声をかけ、そこで信頼関係を作って自分たちの機関に連れてくるということもしているそうです。彼らの機関名は「コネクションズ」、和訳するとそのまま「つながり」です。

また、幼少期のことで言えば、昔は空き地があり、そこで人数を集めて野球やままごとをして遊んでいたのに、今はその場所を奪われ、ゲームを与えられたことよって、どんな影響があるかは、誰しもが容易に想像できることと思います。
(ゲームの普及が諸悪の根源だ、ということではありません)

つまり「人は人とつながることで、経済的にも精神的にも豊かに生きていける動物であり、今の社会で生きていくためにも、そういうつながりが大切である」ということなのですが、問題はここから先。
「じゃあ、そういうつながりが失われた今の社会で、どうそれを回復するか?」ということです。
「昔は良かったなぁ」なんて言ってみても何も解決しないですし、文明は後戻りできないですから。

今のところ、イギリスでも韓国でも日本でも、若者が他者や社会と関わるプログラムを通じて、自信やスキルを回復していくという考えが主流です。もちろん、サポステもです。
これには、自分たちの目指している方向性が外国でも同じなんだということに、恥ずかしながらちょっとホッとしてる自分がいたりします。

しかし、こういった取り組みはあたかも、本来は幼児期や少年期に体験しておくべきだった人との関わりを、青年期に取り戻す(取り戻させる)もののようにも思えます。
つまり、子どもの頃に自然に身に染みついているべきだった体験を、大人になってから人工的に与えられている、というひねくれた(?)見方ができてしまうわけです。

実はそのシンポジウムの壇上でも、「それはそれで意味があるとは思うが、果たしてそれで問題は解決するのだろうか?」「旧き良き時代の真似事をするだけではなく、新しき良き時代を作るために、私たちにできることは何だろうか?」と発言してみました。
壇上で一番ペーペーである私が、それまでの話の全否定みたいなことを言ってみたわけです。

本心というよりは、ほんの茶目っ気で言った部分もあったのですが・・・・・その先、どうなったと思いますか?

気になる方は、私に会いにきてください♪

おまけ)
韓国の方と交換した名刺の裏には、幼児をおぶっている母親の写真が全面印刷されていました。聞いたら、誇らしげに「オモニ(母)と自分だ」と。仮に私が名刺の裏にオカン(母)の写真を載せるかと言えば・・・ムリですよね!?

スタッフ 松田

木, 2010-01-07 13:41 | saposute

皆様、あけましておめでとうございます。
サポートステーションの松田です。
本年もどうぞよろしくお願いします。

ブログで書きたいこと、お伝えしたいことは山ほどありながら、なかなか更新ができずにおります。気長にお付き合いのほど、よろしくお願いします。

今年は寅年、私は年男です。肉食のトラのように、貪欲に、そして悠然と過ごしていきたいと思います。

・・・なんて言っている間に、「ちょっと相談が」といまお呼びがかかりましたので、行って来ます。年末の保護者会(若者との鍋交流会)の報告や、「自動車免許を取得できる新しい職業訓練制度」のアイディアなど、書きたいことはたくさんあるんです、ホントです!でも、パソコンに向き合っているより、人と向き合ってナンボですから、ちょっと席外してきます~。

前回から続いてブログの更新遅れの言い訳ばっかりしてる気がしますが・・・本年もよろしくお願いします!

スタッフ 松田考

水, 2009-12-09 22:28 | saposute

たいへんご無沙汰しておりました、スタッフの松田です。

師走の12月、「師」でも何でもない私もなんだかせかせかと走り回っています。先週は、奈良県への日帰り出張の翌々日に静岡県にこれまた日帰りで行ってきまして、なかなかに大変でした。静岡からの帰りは新千歳空港から自宅への高速バスを乗り過ごし、「お客さん、終点ですよ」と言われて目が覚めたら24時、終点にいました・・・。 さて、気をとりなおして、お知らせです!

サポステでは、毎月第3土曜日に保護者の会を実施しています。今月は19日(土)13時半より行いますが、保護者会が終わったあとには鍋交流会を予定しています。  

若者たちが作った鍋をつつきながら「自分の親には絶対話せない本音」や「わが子には聞けないこと」などを語り合いましょうという、サポステ利用者による自主企画です。参加対象は若者本人、子どものことで悩んでいるご家族の方、若者支援を実践している方、です。料理担当の若者以外は、会費を頂戴します。食材の準備の都合がありますので、事前申込が必要です。15日(火)までにサポートステーションまでお電話かメールでお願いします。

 「サポステってどんな雰囲気なんだろう?」「安心してうちの子に勧められるのかなぁ」とお考えの方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひご参加ください。お待ちしています!

月, 2009-10-19 21:14 | saposute

皆さんこんにちは、サポステスタッフの松田です。前回のブログに書いたアイウエオの「オ」について、二人の方からご意見を頂いたので、ご紹介します。

お一人目はサポステの元利用者から頂きました。この方の「オ」は「恩返し」。
親をはじめとする、いろいろな方のお陰でこれまで生きてこられたことに感謝して、働くことで恩返しをする。ということでした。私が書いた「恩」をより具体的にした感じで、ご本人の気持ちが入っています。うんうん。

お二人目は仙台から頂きました。この方の「オ」は「on」。
スイッチをオン!という感じですね。自分を奮い立たせる、という意味でも「own」よりも間違いなくいいですね。さすが才色兼備です。うんうん。

ということで、どちらもいつか講演で勇気を出して使ってみますね。でも、「ウ」あたりで会場が飽きていそうな空気だったら、「オ」までたどり着くまえに話題変えますので、あしからず・・・。

さて、ここからはリアクションその2、ある方から頂いたメールをご紹介します。
※以下、固有名詞はイニシャルに変換しています。
送ってくれた方は今年の夏前に「Sファーム」というイチゴ農園にジョブトレーニングに行き、そのまま4ヶ月の期間アルバイトとして勤められました。
ご本人に期間満了の感想を聞いたところ、とっても思いの詰まったメールを頂いたので、ブログ掲載の許可をもらいました。

*******

今回、Sファームで働かせていただけたことに大変感謝しております。
こんなにも、期間満了が名残惜しいところは初めてでした。
単に期間が終わった後が不安だというだけでなく、(もう会えないんだ…もう作業できないんだ…)という寂しさ。
人と交流することが極端に苦手で、また交流する機会のない職場において矛盾した感想かもしれませんが。
そのくらい、「作業」「人」「自分」のバランスがとても良かったのです。

つかず離れず。
ただ与えられた作業を黙々と没頭して、こちらからは殆どコンタクトを取ったりアクションを起こしたりしていなかった。いわば「素のままの自分自身」で働いてきた。
他の職場では、使えない人材だとみなされてしまう典型例の私。
それなのに、期間満了まで働けたのは、単に条件や環境が良かっただけでなく、「何も知らないようでいて実はちゃんと見て評価して認めて」くれていたスタッフたち(Sファームだけでなく、サポステも)のおかげ様なのです。

私自身の課題は、これからのこと。
Sファームの経験やその他諸々やってきたこと。
それを踏まえて、どう動いていくべきか考えなければなりません。
流れに乗れているときはそれなりに順応できたりするけれど、問題は「切れ目」や「出口」に差し掛かったとき。そこで本当の問題にぶち当たります。同じようなパターンで。

ニートは、親が裕福で経済的に子供を甘やかせられる環境だから、とよくいわれます。本当に経済的に厳しいのなら、仕事を選ばずにやる筈ですから。
豊さに甘んじ、親に依存し、選り好みするからニートになる。
「そこに仕事があるのなら、つべこべ言わずにやれ!!」例外なく、私もそんな気概に欠けている。

いつもの私のパターンは、「やれそうな仕事を探す」か「自信やスキルを身に着けるために新たな訓練を受けようとする」方向に走ってしまう。
一見、前向きそうですが、所詮はニートから逃げるため、ニートな自分自身を直視することから避けてるだけ。いつも「とりあえず」という真剣みのない行動。

どうして自分はニートなのか。理由を考えるべき。
根本的なところが改善されない限り、働いてもニートのまま。
私は単に「働ける職場・居場所」を求めていただけで、ニートな自分を改善しようとしてこなかった。
「いつまでも両親に甘えられないしな!」というSファームの方のひとことで、気付かされました。ニートは単なる自分自身の甘えに過ぎないことに。そして、それを変えるのは自分しかいないことに。
******

自身に対するとても厳しい言葉の中に、この方の決意が感じられます。
真夏の農作業を契約満了までやり遂げたという事実が、次の一歩を生む力になりますように。
(スタッフ 松田)

火, 2009-10-13 09:53 | saposute

おはようございます、スタッフの松田です。

先月からサポステも4年目に突入し、合宿など個性的な(?)取り組みをしているせいか、最近いろいろなところでお話をさせていただくことが増えました。

一例を挙げると、学校の教員研修やNPOのスタッフ研修、関係機関の勉強会などに呼ばれて、「キャリア教育と青年の課題」「若者がいきいきと働ける世の中とは?」というようなテーマでお話をさせていただいています。

こういったお声をかけていただくのはとってもありがたいし、少しでもお役に立ちたいと思う一方で、実はちょっと困っていることも二点あります。

一つは「とっても緊張する」ということです。もちろん私は人前で講演するために今の仕事をしている訳ではないので、何回やってもなかなか慣れません。
そしてもう一つは、「とっても準備に時間がかかる」ということ。
繰り返しますが私は講演のプロではないので、ご依頼を頂いてから、何人の方が来られるのか、どういったことを期待されているのか、といったことをもとに「何をお話しようかなぁ」とイチから組み立てるので、とっても時間がかかるのです。
講演でメシを食っている人なら、だいたいお決まりのストーリーとかエピソード(お笑いで言うところの鉄板ネタ)があるんでしょうけど、私にはそれがありません。

そこで、昨日の夜にお風呂で、15分くらい間を持たせる(?)ようなネタを考えてみました。
料理のサシスセソをヒントに、ブランクのある方が仕事に就くためのアイウエオ、です。読んでみてください。

ア:「案(あん)」
⇒アイディア、プランなどを考えることです。無計画に採用試験を受けるだけでなく、人と相談しながら段階的に就労までの道筋を決めていきましょう。ご相談はぜひサポステに!

イ:「員(いん)」
⇒就活中は、孤独に陥りがちです。何かの一員になる、つまりは所属を持つことが大事です。普段から人と接し、コミュニケーションをとれる環境に身をおきましょう。仲間が欲しければぜひサポステのプログラムに!

ウ:「運(うん)」
⇒実はこれが一番大切かも知れません。採用面接に落ちてしまうと人格を否定されたような気持ちになりますが、しょせん運が悪かっただけと考えて、前を向いていきましょう。運気をあげるためにもぜひサポステに!

エ:「縁(えん)」
⇒サポステスタッフも含め、いろんな人との関わりの延長でチャンスを手に入れるってことです。ジョブトレーニングに行った先で、そのまま雇ってくださることもあります。初めての場所に履歴書持って面接受けるよりは、何らかの縁であなたの人柄を知ってくださっている会社の方が、採用の可能性はグッと高まるはず。ジョブトレーニングはぜひサポステで!

オ:「恩(おん)もしくはown(オウン)」
⇒実は、これはまだ決めかねてます。普段から感謝の気持ちを(恩)っていうのも、何となく分からなくはないけど、説教くさいですよね。であればあえて英語でown。サッカーのオウンゴールに使われている単語で、「自分自身で」といった意味です。最後には自分の力で未来を切り拓くしかない!という感じ。う~ん、どうかなぁ。

皆さん、いかがでしょう?
恩かown、どっちがいいでしょうか。もしくは、もっと良いのがあればぜひアイディアください。

いや、そもそも、人前で「実は、仕事に就くためのアイウエオがありまして・・・」なんて、照れくさくて言えないかも知れないですね。
うまく話そうなんて色気を出すと、失敗するかも知れないし。う~ん。

スタッフ 松田

火, 2009-10-06 21:50 | saposute

日本ハムファイターズファンの皆様、優勝おめでとうございます。
サポステブログファンの皆様、お待たせいたしました、スタッフの松田です。

先週、サポステ初の宿泊イベントを開催しました。札幌市滝野自然学園というところで、一泊二日の合宿です。合宿と言っても、泊り込みで履歴書を作成したりするわけではなく、気分転換を兼ねて大自然から元気をもらう、そんなキャンプです。

初日のプログラムは、コクワの実や山ぶどうを食べ、目隠しで五感を磨き、得体の知れないキノコに挑み、飯ごうでご飯を炊き、丸鳥の内臓をえぐりとって塩コショウをぬり込み、カレールゥを入れても入れても足りず、たらふく食べ、炎を眺めて語り、祈り、踊る。
そんな感じで進みました。

そして、泊まりの醍醐味は何と言っても夜のトーク!
と言いたいのですが、私はちょっと疲れがたまっていたせいか、ずっと夢うつつの状態でした・・・。ただ、おぼろげながら、男の友情と女の策略、そんな記憶が残っています。

二日目は、雨が降ってきたこともあって、宿泊施設の掃除をして、記念に集合写真を撮って、下山しました。そんなこんなで、とっても楽しく、思い出深い二日間でしたね。

ということで、参加した皆さん、お疲れさまでした!
いつかこの二日間のことを「あの頃は苦しいこともたくさんあったけど、そんななかでも心温まる出会いや体験もできたなあ」なんてふうに思い起こしてもらえたら嬉しいです。

(スタッフ 松田)

木, 2009-09-10 19:23 | saposute

今日はなんと、先月ブログで紹介したHさんが「若者支援マニフェスト」を持ってきてくれました。私がこのブログで出した宿題に応えて、A4サイズの紙一枚に、びっしり手書きで作成してくれています。

今それが私の手元にあるので、さっそくこのブログに転載します・・・

・・・。

・・・・・・。

いや、Hさん、字が汚すぎて読めないっす!

パソコンで打ち直して持ってきてもらいたいところですが、さすがにそこまでお願いするのは申し訳ないので、私が解読できた範囲でお伝えします。

~若者支援マニフェスト~
①フリースクールの併設
サポートステーションにフリースクールを併設し、勉強だけでなく人間教育も行う。サポートステーションを利用する若者と一緒にトレーニングができるようにする。

②訪問支援
引きこもっている若者宅に、サポートステーション利用者が訪問し、親や本人に自分の体験談を話す。

・・・項目は⑤まであるのですが、解読できたのはこのくらいです。
あとは、結論のあたりに「教育・自立・就労を一つの機関で行う」というのも読めます。

どうやらHさんが書いてくれたのは、「若者支援マニフェスト」というよりは「サポステ企画提案書」ですね。まぁ、それだけサポステのことを大事に考えてくれているということなのでしょう、ありがとうございます!
ちなみに「字が汚い」なんていうのは、Hさんと私との信頼関係があるから、書けることなんですよ、念のため。

何て書き込んでいる今もパソコンの向こうにはHさんがいて、またまた好き勝手に喋っています。
「松田さんは何で教員免許をとったのに先生やらずにこんなところで働いてるの?この仕事に就くまでの経緯とかもブログに書いてよ。」なんて言っています。相変わらず言いたい放題です。

今の話題は、かつてHさんが参加して私が担当したワーカーズファームのことに移っています。最初は「何で俺がこんなプログラムに参加しなきゃいけねぇんだよ」と思ってたのが、徐々にいろんなことを信用できるようになってきて、自分は変わった。だそうです。
「俺にこんなこと言ってもらって嬉しいでしょ?」なんて言っています。
付き合いきれないのでブログはこの辺にしておきます。

明日は、耕せにっぽんの見学に行ってきます!

(スタッフ 松田)

火, 2009-09-01 19:39 | saposute

こんにちは。今日から9月、新たなスタートを切った松田です。

さて、先日の中村文昭さんの講演会に出席していた方から、ブログを読んでの感想をメールでいただきましたので、例によって発表したいと思います。
ご本人の許可のもと、全文を転載いたします。

*********
中村さんの講演会、良かったですよね。
どことなく、北星余市高教師だった義家先生を彷彿させます。

体当たりで、本気で自分と向き合ってくれる人…つまり「アツい人」との出逢いは、人生の早いうちに必要不可欠だと思います。
そこで受ける刺激は、自分の「人間力」や「生きる力」を呼び覚ませてくれます。
また、自分の知らない世界や物の見方・考え方を頭ではなく体で教えてくれます。
そこで学んだものは、学歴や偏差値では測れませんが、一生の宝となることは間違いありません。

もちろん、相性の合う合わないはあるでしょう。私も、熱血派にはついていけない子供でした。

でも、相性が合わない=悪ではないですよね。中村さんの言葉にもありましたように、全ての出逢いには意味がある。無駄な出逢いはない。
極論を言えば、いじめっ子や体罰教師との出逢いにも意味はあるのでしょう。出来事は過酷ではあっても、そこで自分が磨かれ成長し、学ぶことは沢山あります。

元やんちゃ少年の話は、自分の知らない世界・体験することのない世界が広がっています。
「不良の言うことなんて…」という先入観・思い込みは、もったいないこと。
本当は不良なんかではなく、やんちゃで好奇心旺盛で行動的なんですよね。

世間は、なかなかそれを認めないのが残念です。
親も教師も、ひたすらお勉強のよく出来るお利口さんに仕立て上げようと躍起になっています。
しかし、お勉強の出来る優等生の話はつまりません。知識をひけらかすことはできても、それでは人は集まりません。
お勉強は出来るけど他は何にも出来ない。そんな人は、社会では使いものにはなりません。
社会適応して自立出来なくて当然です。そんな状態でどうして社会貢献できるのでしょう?

引きこもりやニートの人たちも、学生時代は優等生だったという話をよく聞きます。
お勉強しかして来なかったので、学んできたことをどう生かすか・役立てるか…ということまでは考えてこなかったのでしょう。

せっかく親や教師たちが一生懸命に子供をお利口さんに育てても、大人になった子供たちは社会貢献どころか働きもしない…。
どちらが本当の意味で不良なのでしょう…?色々考えさせられました。

******
以上です。送っていただいてありがとうございました。

>お勉強しかして来なかったので、学んできたことをどう生かすか・役立てるか…ということまでは考えてこなかったのでしょう。

という一文は、今の高校生や大学生にも伝えたいですね。
塾や学校で100点を取る方法をいっぱい身につけても、肝心なのはその100点の答案をどう人生の糧に変えていくか、ってことですよね。100点の答案であっても、そのままではただの紙切れです。

これからも皆さんのご意見をどしどしお待ちしています!

(スタッフ 松田)