ナビゲーションメニューへ

10月第1回目の食談会がありました。

 

最近、和食のメニューが多かったので、

久しぶりに洋食を作ってみました。

メニューはこちら!

○ミートソースパスタ

○ベーコンと白菜のスープ

○ポテトサラダ

○チョコバナナクレープ

 

ミートソース作りは、

みじん切りとの戦い。

玉ねぎを切るときは思わず涙が出てくることもありますが、

ひとつの作業に集中して取り組むので、

自分の向き・不向きにちょっとした気付きがあったりもします。

 

クレープ作りは、

生地を薄く焼くのが肝心ですが、

これがなかなか難しいのです。

参加者の方々は少しずつつかんだコツを共有しながら、

もちもち美味しい生地が出来上がりました!

もちろん、上手く焼けなくても大丈夫ですよ。

「やってみよう」というそのお気持ちが一番大事ですので。

 

生地が出来上がったら、

みんなで好みの具を入れて巻き巻きタイム。

そのお味はお見事でした★

 

次回の食談会は、10月19日(水)です。

※10月20日(木)が施設休館日のため、変則的に水曜日の開催となります。

サポステでは、

10代の方のための進路や学習サポートプログラム「SS塾」を

毎週火曜日に開催しています。

 

「SS塾」では、

おおむね15歳~20歳くらいまでの方々が定期的に集まり、

調理や運動、ゲームなどの様々なレクリエーションを行っています。

 

高校在学生や卒業後おおむね3年以内の方を対象に、

進路や就職などの支援を継続的に取り組みます。

それが、「進路」「就職」「相談」「サポート」・・・

いろんな「S」のつまった「SS塾」です。

 

さて、ある9月の秋晴れの日、

みんなで北海道大学に行ってきました!

 

最初に訪れたのは、「札幌農学校第二農場」。

 

木々に囲まれた自然の中に、

昔の佇まいを感じる素敵な牛舎がありました。

その牛舎の中を見学しながら、のんびりと自然の中を散策しました。

 

散策の途中、急にみんなで盛り上がりました!!

何か(?)を発見!!

牛舎らしいシンボルがどこかに隠れているので、

訪れた際にはぜひ探してみてください。

 

 

農場を見学した後は、

キャンパスの中をてくてくと歩きながら学生食堂へ。

気持ち良い秋風に吹かれる中、

こんな素敵な出会いもありました。

 

学食を食べた後は、

クラーク像の近くの芝生でひとときを。

池のせせらぎに癒されながら、

アナログゲームをやりました。

 

休みたい人は横になっても良し、

ゲームがちょっと苦手な人は見ているだけでも良し、

もちろん、やりたい人は思いっきり参加しても良し、

そんな、ありのままで過ごせる「SS塾」でした。

十五夜の日に食談会がありました。

ということでメニューは、、

・太巻き

・大根ステーキ

・キャベツの塩昆布和え

・豚汁

・白玉だんご

 

でした!

お月見に関係あるのは白玉だけですが、

まあヨシとしましょう。

 

太巻きに関しましては毎回初心者レベルのわたくしです。

もちろん参加者の方にも、初心者含め不得意な方もいらっしゃいます。

ですが、中には得意とする人もいらっしゃいまして。

教えを請いながらひたすら巻き巻きいたします。

形になるものですよ。

それぞれが役割を見つけ行動できたらいいのだと思います。

 

“家で料理をしないから心配だったけど、みんなで作ると楽しいですね”

ご飯をほおぼりながら大きく頷くのでした。

“ホントそうだよね!

そしてみんなで助け合って完成させた料理のお味は格別だー。”

小さく謙虚に頷くみなさん。

 

次回の食談会は10月6日です。

 

 

気がつけば9月。

でも、まだまだ暑いですね。

 

さて、今回のメニューは、

・豆腐入りハンバーグ

・玉ねぎスープ

・野菜たっぷりサラダ

・揚げないポテトフライ

・マーマレードジャム入りのヨーグルト

 

 

マーマレードジャムは、

なんと、手作りで作ってみました。

まず、オレンジの皮をむき、できるだけ細かくみじん切りにします。

皮が柔らかくなるまで、3回ほど茹でて冷やしてを繰り返します。

その間、実の皮もむき、実もできるだけ細く切ります。

皮と実の下準備が終わったら、後は砂糖と蜂蜜を入れ、煮詰めます。

この一連の作業を、

食談会では参加者同士で協力して行います。

 

「みじん切りは得意ではないけど、

皮ならきれいにむける。」

「調理はやったことないけど、

片付けとか皿洗いなら出来そう。」

 

その中で、

向いていること、向いていないこと、

得意なこと、苦手なこと、頑張れば出来そうなこと、などなど、

ちょっとした気づきの時間になれればと思います☆

 

次回は、9月15日(木)10時30分からです。

メニューはお楽しみに!

 

9月1日、月に1度開催しています、ヨガプログラムの日でした。

9月に入ったのにこんなに暑いの!?

というお天気が続いていましたが、

夏が好きな方にとっては嬉しい残暑ですね。

 

ヨガ会ではあまり激しい動きをしないので、

大汗をかくことはありませんが、

初参加の方は翌日筋肉痛になったりします。

普段動かしていない筋肉に刺激を与えてあげているんですね~。

 

運動とリラクゼーションのひと時を☆

 

次回は10月6日(木)14時30分からです

 

 

 

 

 

日は短くなってきましたが、

蒸し暑い日が続いていますね。

 

さて、今回のメニューは、

・五目いなり

・味噌汁

・豚しゃぶサラダ

・ネギ入り玉子焼き

・わらびもち

 

 

おいなりさんは面倒...と思いがちですが、

市販の皮?袋?を使ってしまえば意外と簡単!

ただ、今回は“五目”なのでちょっと豪華でした。

詰め詰め作業もみんなですると楽しいですしねー。

お味噌汁を担当した男性は、

「初めて作ったのですが、家でも作ってみます」

とおっしゃってました。

 

日ごろ料理をしている方はとても手際がよく、

出来上がりも上手です。男女に限らずです。

(主婦の私よりレベル高い方も..)

でもお料理することだけが食談会ではなくて、

洗い物や盛り付け、テーブルセッティングなどなど。

初参加の方は緊張していたりもするので、

知っていることがあれば教えていただく

というお仕事だってあります!

その場で、できることをしていただく中で、

色々な気づきもあると思います☆

 

次回は9月1日(木)10時30分からです。

メニューは何にしようかな~^ ^

 

夏メニュー第2弾!

・蒸し鶏のタルタルそうめん

・人参のマリネ

・揚げないかぼちゃコロッケ

・フルーツクレープ

 

真夏日が続いていますが、夏バテしていませんか。

 

冷たいそうめん、食欲をそそる酢の物、旬の野菜かぼちゃまで、

みなさんに「夏」を感じていただけたらと思い、

前回に続き、夏メニュー第2弾を作りました。

 

今回は初めて参加する方が多くいらっしゃいました。

 

料理は普段一人で作ることが多いので、

みんなでひとつのものを一緒に作ることは、

最初は慣れないかもしれません。

自分の作業だけではなく、

周りのペースに合わせて進めたり、

手が空いたら、できることを見つけて手伝ったり。

 

周りと協力しながら、一緒にやることは、

一人でやるより、難しいこともありますが、

一人ではできないことが、

みんなで一緒ならできることもあるので、

食談会がみなさんにとって、

ちょっとしたチャレンジの時間になれればと思います☆

 

先日、ワーカーズファームでは修了式が行われました!

参加された皆さんも色々経験できたことで、開始当初と表情や雰囲気が本当に変わっていました!

参加者の方は、プログラム後半で職場実習を行っています。

上の写真のように実際の企業でトレーニングを行わせていただいております。参加された方からは「実際の現場で経験することで働くイメージがもちやすくなった」「実習を終えて働く自信がついた」と話してくれました!

来月にはまた新たなメンバーでワーカーズファームが始まります

来期でも参加者の声やプログラムの様子をお届けしていきますのでお見逃しなく!

今回は夏メニュー!

 

ドライカレー(こちらが夏らしい!?)

トライフル風パンケーキ

コンソメスープ

サラダ

でした。

 

ドライカレーは、夏野菜をひたすらみじん切り。

涙も出るし腰もちょっと痛かったりしますが、

みんなの一生懸命が詰まったカレールーは絶品でしたよ。

もちろん、スープはまろやかな優しいお味でしたし、

トライフルは見た目も考えガラスのコップにしてみました。

 

お料理が苦手な人はお皿を洗ったり、お茶を注いだり、 

それぞれ出来ることを役割として行っていましたー。

色々な作業があっての食談会です。

 

次回は何を作りましょうか~

楽しみです☆

 

前回の食談会では、韓国料理を作りました☆

メニューは、

・ビビンバ

・豆腐とわかめの味噌汁

・野菜サラダ

・ツナチヂミ

・みかんゼリー 

以上の5品を作りました。

 

辛い物が苦手な方もいるので、

ビビンバのソースはお好みでかけて食べることにしたのですが、

辛い物がお好きな方が多く、

みなさん結構たっぷりかけて本場の味を堪能していました。

 

ビビンバは食材の下ごしらえが肝心で、

多少手間がかかるものですが、

みんなで協力しながら、美味しいビビンバを作ることができました!