ナビゲーションメニューへ

ワーカーズファーム5期(12月27日終了式)

 12月27日のワーカーズファーム5期の報告をします。
 12月27日のワーカーズファーム5期の参加者は全部で3名でした。終了式にしては少し寂しい感じでしたが、それぞれ次のスタートに向けて動き出しているため嬉しいことです。
 午前中は最後の炊事ということでメデタイ食事を作ることに。話し合って決まったメニューは手巻き寿司とすき焼きになりました。午前中は2名しかおらず午後から仕事のため話し合いだけの参加となりました。食事を作り、葡萄ジュースをワインに見立て乾杯しました。すき焼きはタレから作りましたが、これが中々なのできで美味しかったです。
 午後からは、12月24日のサンタプロジェクトの振り返りとワーカーズファーム全体を通しての振り返りをしました。サンタプロジェクトでは企画をたて、準備し、実施したことで仕事や対人関係の大きな自信につながったようでした。ファーム全体の振り返りでは、やはり一番楽しかったのはサンタプロジェクトで、一番大変だったのはお祭りや演劇のボランティアだったそうです。楽しいことも、大変なこともあるからこそ、人は成長できるのだと感じていたようでした。最後は、終了式を行い記念品の贈呈と感想を話し合いました。最期まで参加できたことが大きな自信につながったという感想や人に関心が出てきて、よくわからないが今日で皆との活動が終わると思うと寂しいという意見もありました。

 ワーカーズファーム5期は今回で終了します。1月からはそれぞれ新しいスタートラインに別々の道を歩み始めます。サンタプロジェクトで味わった充実感やボランティアで体験した辛い経験。人生には両方大切です。辛いことを乗り越える、何より失敗しても逃げずにもう一度チャレンジすることで次の未来が拓かれることがファームの中で体験できたのではないでしょうか。