ナビゲーションメニューへ

ワーカーズファーム6期⑫(12月4日)

 ワーカーズファーム6期、12回目の報告をします。
 12月4日のワーカーズファームの参加者は6名でした。久しぶりの人数の多さに、朝から皆さん明るい表情でした。今週のニュースの報告でも、ひとりひとり注目するニュースが異なる上、一つの話題に対しても様々な見解があるんだなぁと感じました。炊事の時間では、今回も長ネギとジャガイモの差し入れがありました。ありがたいことです。メニューは、お好み焼きとおいなりさんを作りました。じゃがいも入りのお好み焼きは、すごーく美味しかったです。
 午後からは、東京からドラマケーション普及センターの来て頂き、演劇の手法を用いて「コミュニケーション能力と表現力を高め、人間関係を円滑にする」ドラマケーションのワークショップを受講しました。初めはみなさん緊張していましたが、体や頭を使うゲームになると徐々に緊張が解け、楽しい雰囲気に。最後は、遠くからひとりに向かって声をかけるという内容で、みんなに同じように声が届くのかと思いきや、そうではなく届けたいと思っている方に声が届くということを体験しました。
 
  届けたい人に、声が届く。誰に対して発した声か?不特定多数に向けた声は、実は特定した人に声を届けるために発したものかも知れませんね。