ナビゲーションメニューへ

ワーカーズファーム6期⑤(10月16日)

本日ワーカーズファーム6期(第5回目)が行われました。午前中は毎回恒例となっている「今週気になった時事ニュース」発表から始まりました。様々なニュースに関心を抱くきっかけ、他者と会話する際のひとつの教養を身につける機会、自分の意見を整理したうえで自論を交えて発表する機会と同時に他者の意見を聴き、自論との違いから考え方の幅を拡げる機会として実施されており、毎回個性ある発表が行われています。(今週一番話題となったのは「ボクシングタイトルマッチ内藤選手対亀田選手」の亀田選手サイドへの処罰について・・・) その後行われた「昼食づくり」ではメニューを「炒飯と豚汁」に決定した後、協力して調理をして食しました。午後からのプログラムでは「未来のために」と題して自己分析をして3ヵ月後の自分の姿を描き、そのために何が必要かを考え、発表しました。その中で「仕事をしている自分」を描く姿が全員に見受けられ、「自分を見つめ直す機会となった」との感想が聞かれました。現状の課題として大半の参加者が挙げたのが「人見知り、コミュニケーションが苦手」でしたが、それを克服するためにも「様々な物事に興味を持ち、積極的に外に出ていきたい」との意見も聞かれ、今後も向上心を大切にファームに参加して欲しいと強く感じました。