ナビゲーションメニューへ

12/21『家族向け学習会①生きづらさの背景を考える②親子関係を振り返る』

家族向け学習会

札幌市若者支援総合センターでは、ひきこもりやニート状態にあるなど、進路や就労に不安を抱えている15 歳~39 歳までのご本人やそのご家族のための相談に応じています。 このたび、ご家族の方を対象とした学習会を開催いたします。

第1部では、発達障がいの専門家をお招きした学習会、 第2部では、子どもへの接し方について学び合います。 第1部と第2部はいずれかのみの参加も可能です。

参加をご希望の方は事前にお申込ください。

★チラシ・申込書★

≪日時≫【第1部】2019年12月21日(土)10:30~12:00

      【第2部】2019年12月21日(土)13:15~15:30

≪会場≫札幌市若者支援総合センター 2階ロビー

(札幌市中央区南1条東2丁目6番地大通バスセンタービル2号館)

≪対象≫義務教育終了後~39歳までの子どもをもつご家族

≪定員≫25名(先着)

≪申込≫事前に、参加者氏名・子どもの年齢・電話・メールを、電話(011-223-4421)・メール(sapporo-saposute@syaa.jp)にてご連絡ください

≪当日の内容≫

【第1部】生きづらさの背景を考える~発達障がいの正しい理解と検査の必要性~

講師:石田 昭人さん(札幌市自閉症・発達障がい支援センターおがる地域支援マネジャー)

【第2部】親子関係を振り返る

グループワークを用いて、子ども・親それぞれの良いところを見つけ、今後の子どもへの接し方を考えます。

講師:奥田 かおり(若者支援総合センター相談員・北海道医療大学臨床福祉学科講師)