ナビゲーションメニューへ

食談会でお腹いっぱい

月, 2019-03-11 10:12 | saposute

親愛なる皆さま、おはようございます。

スタッフの松田です。
今回は、食談会プログラムに参加されていた方の感想をご紹介します。

http://saposute.net/report/1719.html

↑この日のプログラムにお邪魔してきました。

早速いきましょう。

<Dさんの感想>
協力し合いながら、自分の担当の食事を作ることができた。
普段全く料理をしないから不安な所もありましたが、助けてもらいながらやっていけた。
これからは家でも何か料理をしていきたいです。

●Dさんの感想への松田コメント●
まさにブログのために書いてくれたかのような感想、ありがとう!
そういえば「ありがとう」の対義語は「当たり前」らしいですね。
親元にいれば、食事が出てくるのがつい「当たり前」だと思ってしまいがちですが、Dさんもぜひご家族に腕をふるって「ありがとう」の言葉をもらってください。
料理も一段と美味しくなると思いますよ!

 

<Eさんの感想>
しょうが焼きを初めて作りました。タレ作りには加わっていませんが、作り方が分かって良かったです。
みそ汁のはずがキムチスープに変わる流れが楽しかったです。
ドーナツ美味しいです。

●Eさんの感想への松田コメント●
私はプログラム自体には参加していなかったのですが、「みそ汁がキムチスープに変わる」って、なかなかエキサイティングですねぇ。
「テレビを観ようと思ってたらアイロンかけてた」みたいな感じ?!
サポステを利用してくださっている方のなかには「いい感じのいい加減さ」が苦手な人が多い気がするので、「ま、飲めればええんちゃう?」くらいの大胆な変更も良いですね!
なお、私ドーナツ好きです。
もう一度言います。
Eさん、私ドーナツ大好きです。

 

<Fさんの感想>
プログラムの目的にある「他者との協力」という部分が難しく、たまにワンマンプレイみたくなる事があったので次回以降参加するときには気を付けてみようと思いました。
料理は美味しかったです。

●Fさんの感想への松田コメント●
いやー、ここまでくると「松田が書かせた」みたいな感じで申し訳ないです。
でも、こうして(ムリヤリ?)感想を書くことを通じて、自分の行動パターンを振り返るのは良い機会かも知れませんね。
ワンマンプレイになりがちな人、一人で黙々と作業する分担が得意な人、などなど。
チームで料理をするときの自分の「立ち位置」を自分で知っておくことは、これからの仕事探しにもきっと役立つと思いますよー。

 

ひとまず今日の感想は以上です。
プログラムリポートと合わせてご覧頂けると嬉しいです。

食談会(ショクダンカイ)は料理を通じたチームプレーの練習なので、敷居が高いなと思われる方もいるかも知れませんが、他にもいろんなプログラムがありますので、心配しないでくださいね。

ドーナツ好きな松田が、皆さんの最初の一歩をお待ちしています!

スタッフ 松田考