ナビゲーションメニューへ

白黒はっきりしない

金, 2017-06-02 12:35 | saposute

親愛なる皆様、おはようございます。

昨日、うちのスタッフが誘ってくれたのでプログラムにお邪魔してきました。

参加者の皆さんが作った美味しいご飯をご一緒しながら「やっぱり現場はいいなぁ」なんてしみじみ思いつつ、勢いに乗って「皆さんの中で、ブログを読んだことのある方ってどのくらいいます?」と聞いてみたら、なんと半分以上の方が手を挙げてくれました。

なんだかとっても嬉しかったので、私のブログ史上最短頻度で更新してみようと思います。

前回は、アキラ100%さんになぞらえて、股の力・・じゃなかった、肩の力を抜いていきましょう、というようなことを書きました。

お笑いネタ続きで、今日は漫才師オセロ(もう解散したけど)のことを書いてみます。

・・・

「さっき喫茶店にオセロの二人いてんけど、実際に見たらホンマに肌の色が白と黒やったわぁ」

「へぇ、コンビ名どおりやな」

「しかも、片方はミルク、相方はアイスコーヒー飲んでたわ」

「白と黒、まさにオセロやな!」

「それだけちゃうで、偉いもんでちゃんと角の席に座っとったわ!」

「まじで!?オセロの必勝法やん!」

・・・

っていうネタは関西人なら鉄板ですが、皆さん、オセロの必勝法って知ってますか?

一つは笑いのネタどおり、角を取ることですよね。

他にも、あまり知られていませんが「相手の選択肢が少なくなるように置いていく」というのがあるそうです。

よくオセロって「いま置ける場所はこの5箇所で、ここは3枚返せて、こっちやと6枚いけるけど次に相手にもっと取られるし・・」なんて考えるじゃないですか。

それを「いま置けるのがココだけなので、次に全部ひっくり返されるのが分かってても置くしかない」とか「あ、置ける場所がないからパスだわ」っていう状況に相手を追い詰めるのが、勝つためのコツなんですって。

相手の選択の余地を奪っていくのが必勝法。
何だか残酷だと思いませんか?

「選択肢がない状態」って本当に息苦しいですよね。

よく親御さんからの相談で聞きますが「学校に行かないでゲームばっかりしている子」は、果たして「たくさんできることはあるのに、怠けたくてゲームを選んでいる」のでしょうか。

もし、あとの人生でひっくり返されることなんて重々承知のうえで、それでも今の心身の状態で選べる過ごし方がゲームくらいしかないのだとしたら。

もし、このブログを読んでいる方の中に「一刻も早く仕事を探す」くらいしか今の自分に許される選択肢が無いと思い込んでいる方がいたら。

ひっくり返されることが分かっている一箇所、そこしか置き場のないオセロ盤を前に、途方に暮れているあなたへ。

ちょっとオセロを打つ手を休めて、対戦相手とおやつタイムに入るなんて選択はどうでしょう?

今すぐ置くか置かないか、オセロに勝つか負けるか、そんな二者択一から自由になることができたら、相手と一緒に楽しく過ごす方法はいくらでも見つかるはず。

「学校に行くか休むか」「今すぐ働くかどうか」という目先の二者択一を少し脇に置くことができれば、あなたと家族、あなたと周りのみんながハッピーになる方法なんて、本当はいくらでもあるはず。

気がついたら目の前の一マスしか見えなくなっている、そんな状況に追い込まれているあなた。

すこし顔を上げて、そして股と肩の力を抜いて、おやつタイムでもしませんか?

「おやつタイム参加」という件名で空メールをサポステ宛に送信してくれれば、私が責任をもって日程を調整のうえ返信します。
おやつでも食べながら、一緒に今の局面をひっくり返しましょう!

スタッフ 松田考

念のため、おまけ)
私たちスタッフは皆様からの贈答品は一切受け取ることはできませんが、皆さんがおやつを持ち込まれる分には、当センターは飲食自由ですのでご安心ください。
なお私はシュークリームが大好きですが、何を持ち込むかはもちろん皆さんの自由です。