ナビゲーションメニューへ

ゼロ粒で何度も美味しい

水, 2014-11-19 18:39 | saposute

親愛なる皆さま、こんにちは。スタッフの松田です。

最近は身内ネタを書きすぎたなぁと反省しまして、今回は原点に戻ります。
原点っていうのはもちろん、私たちサポステがどういうところなのかを知ってもらい、少しでも親しみを感じてもらい、連絡する気になってもらう、というブログ本来の目的です。

サポステを紹介するにあたっては、やはり実際に利用してみての生の声が一番なので、プログラムやロビーで何人かの方にお願いして、以下のアンケートに協力してもらいました。

Q1:ご自身が「サポステに行ってみよう」と思ったときのことを教えてください

Q2:行ってみて、サポステはどうでしたか?「ここが良かった、ここが悪かった」を教えてください

Q3:いまホームページを見て、サポステに行くかどうか悩んでいる方へメッセージをお願いします!

で、今回のブログでは、このうちQ1の回答だけ、しかも10人分だけ小出しに掲載してみます。

この手でいけば、書いてもらったアンケートをただ打ち込むだけで何度もブログを更新できる、まさに「ゼロ粒で何度も美味しい」作戦です。素敵すぎます。

以下に原文ママで載せます。

Q:ご自身が「サポステに行ってみよう」と思ったときのことを教えてください

A1:仕事がしたいけどどうしたらいいのかと思っていたときにサポステをしりいって見ようと思いました。いくまでに半年かかりました。

A2:自分のカラに閉じ込っていて、「自分は何をしてもだめなんだ!」と思っていた時、友達が「まずはサポステに行って相談してみなよ!」とすすめてくれたことがきっかけで、とりあえず「家に居てダラダラすごすよりは良い、きっと良い!」と思うようにして扉をたたきました!まずは、思いたったが吉日。その日にここへきました。

A3:学校にも通っていないし、仕事もしていなくて、でも面接を受ける勇気もない。ただうじうじ悩んでいた時に何処でも良いから行く場所が欲しくて面談の予約の電話を入れました。

A4:ひっこししてきたばかりで周りに知り合いがいなかったので友達をつくりたい!と思ったのがきっかけでした

A5:ずっと家にいて、何か行動しなきゃと思ったときに新聞のきじを見て何かかわれたらなと思い、行ってみようと思いました。

A6:親がこういう場所があると教えてもらったのがきっかけでした。私自身もずっとどうにかしたいなと思っていたので、親の話がいいきっかけになったと思っています。

A7:今のままじゃダメだと思ったので、自分を変える為にサポステに行ってみようと思いました。

A8:悩んでいた時も悩みを棚に上げるというか、ほとんどあきらめの気持ちで投げやりな日々を過ごしていたけど、でもどうにかしないわけにはいかなくて。だけど自分も家族も行動的ではないし、それ以前に自分の本当の気持ちを誰かに知られるのが(「そんなことで悩んでいるの!?」って言われたり思われたりするのが)嫌で打ち明けられずにいたけど、いよいよリミットだと思った時、身近な人に打ち明けるよりは全然知らない人に相談した方が、どんなことを言われても受け止められるかな?と思って、意を決して相談メールを送ったのが最初。

A9:おしえてくれた人や話をしてくれた方、この施せつの雰囲気が良くて気になる会などがあったので行ってみようと思いました

A10:きっかけは札幌のこうほうしのキジ(しょうかいされていた)、母が「ここにいってみたら?」という言葉、それが無ければきてなかった。

 

以上、いかがでしたか?
漢字やひらがな、誤字なども含めて全部原文のままなので、リアル感を味わっていただけたのではないでしょうか。

次回は、A1~A10の方が「実際に来てみて、どうだったのか」という2問目の回答を紹介したいと思います。

あ、前回のブログで書いたように、相談は今がねらい目ですから「連絡するのは全部のアンケート結果を読み終えてからにしよっと」なんて思わないでくださいね。

それこそ、いつになるか分かりませんから・・・。

前振りもオチも考えず、ただ打ち込むだけの今回のブログの方が皆さんの役に立つというのも、ちょっぴり寂しい(?)気もしまうが、ともかく「自分と同じことで悩み、苦しんでいる人のためなら」という気持ちでアンケートに快諾してくださった皆さんには、心から感謝です。

ブログを通じて、先輩方の(?)メッセージが皆さんに届きますように!

スタッフ 松田考