ナビゲーションメニューへ

ガムは一度、ブログは二度、人生は何度でも

土, 2014-07-19 10:41 | saposute

親愛なる皆さまこんにちは、スタッフの松田です。

先日「週イチくらいでブログの更新をチェックしてます」なんて言われて俄然やる気が出たものの、暇とネタの両方がなかなか同時に揃わなくて、相変わらず更新が滞っております。

そこで今回は「ランダムに選んだ過去の記事に自分でツッコミを入れる」という手抜き作戦でいってみようと思います。

猫をくりぬいたバスが何度でも視聴率をとるように、ブログも一度くらいなら使いまわしても読んでもらえることを期待して、今回の再放送はこちら。 http://saposute.net/blog/2010/07/02/766.html
4年前の7月に書いた「政治のお話」という記事です。

要は「若者よ、政治に関心を持とう!」という内容です。
たいして笑えるポイントもなく、ありきたりなことしか書いていませんが「若者世代こそ政治に関心を持たなきゃ」という思いは最近ますます高まっていますので、適当にクリックしたわりにはタイムリーな記事だったかも知れません。

あと、文面だけ見ると意外と自分に政治家願望がありそうで、我ながら新たな発見でした。
今も当時も、そんな大それたことは思ってないんですけどね。

・・・以上、終わりです!

いやぁ、それにしても再放送ってなんて楽なんでしょう。
あっという間に書けちゃいました。
お蔵入りの記事も蘇るし、これこそ一粒で二度おいしいってやつですね。

あ、一粒で二度おいしいと言えば、いま私の中で蘇った思い出があります。
今回のブログは楽をしすぎたので、おまけで書いてみましょう。

これは私より2歳上の兄との思い出です。
彼は世間一般でいう道徳心はかなり低いのですが、幼いころから今でも、私にとってはヒーローです。
そんな兄が小6、私が小4のときのこと。

二人で遊んでいたら近所のオバチャンが「これ、二人で半分に分けて食べ」と、板ガムを一枚くれました。
それは確かクイッククエンチっていうスポーツドリンク味のガムで、当時の少年にとってはかなりテンションのあがる代物でした。
ただ、いかんせん一枚しかないので、オバチャンの言うとおり半分こにしなくてはいけません。

さて、ここで問題です。
私たちはどうやってこのガムを分けたと思いますか。

ヒーローが半分に割って、大きい方をくれたと思いますか?

それとも、道徳心の低い兄が独り占めしたんじゃないかと思いましたか?

どちらも不正解。
彼は恐ろしい方法でピッタリ半分こにしたのです。

「・・・なぁ、考(私の名前)。このガム俺がまず5分噛むからお前が時間を計ってくれ。それから残りの5分をお前が噛んで、ちょうど半分ずつや」

・・・皆さん、こんな半分こってありますか?!

当然ながら私も「それやったら要らんわ」と抵抗してみたのですが「せっかくオバチャンがくれたんやから、ちゃんと半分食え」と、漫画ワンピースの海軍ばりに勝手な正義感を押し付けてくるヒーロー。

結局、私は半泣きになりながら、無味無臭のふにゃふにゃな物体を噛み続けたのでした。
もちろんオバチャンも納得の、きっかり5分間です。

ということで、ガムの味は一度きりでしたが、ブログは二度目でも味わっていただければ幸いです。
こんなくだらないブログですが、どこかで味気ない日々の繰り返しに悩んでいる方にとっての、ちょっとしたスパイスになればなお幸いです。

スタッフ 松田考