ナビゲーションメニューへ

電話+安心=告白

火, 2014-06-17 15:10 | saposute

親愛なる皆さまこんにちは、スタッフの松田です。

いきなり自慢で恐縮ですが、前回のブログを更新したあと「ブログを読んで相談してみる決心がついた」というメールをいただきました。

いやぁ嬉しいものです。
何度も挫折しそうになりながらも細々と続けてきた甲斐がありましたね。

気をよくして今回は、さらに相談しやすくなるようなお役立ち情報をお届けしたいと思います。

来所された方と話していると「相談してみよう」と思ってから実際に電話するまでの間に、緊張や不安もあって何日も(人によっては何か月も)かかったという話を聞くことがあります。

かくいう私も中学時代、何か月も告白できずにいた女子の家に勇気を振り絞って公衆電話から電話をかけ、緊張のあまり電話口に出たお母様を本人と間違って告白してしまったという甘酸っぱいエピソードを持っています。(もちろんお母様はOKしてくれませんでした)

やはり、誰が出るか分からない(当時は携帯電話のない時代でした)、どんな展開になるか分からない、そんな電話は緊張しますよね。

そこで、皆さんが少しでも心の準備をできるように、こちらの相談電話の一般的なやりとりを種明かししておきます。

まず、私たちは電話が鳴ったら「札幌市若者支援総合センターです」と言って出ます。(サポステの入っている施設の名称です)

ここで皆さんは「初めて電話したんですけど」とだけ言って頂ければそれでOKです。
あとは全てこちらでリードします。

あ、親御さんがお電話している場合は「息子(娘)のことで」と言うのもお忘れなくお願いします。
何せ私は電話の相手が親か本人かを聞き分けるのは14歳の頃から苦手なもので。

そのあと、私たちがお聞きする内容はだいたいこんな感じです。

①こちらをどこでお知りになりましたか?
皆さんがどこまでこちらのことを知っているのかを掴んでおきたいので、最初にするのはだいたいこの質問です。
「新聞で知った」という方であれば、その記事と同じようなサポートを期待されているでしょうし、「よく分からないけど人に紹介されて」と言われたら、まずどんなところか詳しく説明する必要があるかな、と私たちは考えます。
他にも「ホームページを見た」と聞けば「詳しい支援内容を知ったうえで電話してくれているんだな」と想像しますし、「ブログを見た」という方であれば「なんて素敵な人なんだ!」という妄想が膨らむわけです。

②おおまかに、どんなことをご相談されたいですか?
こちらには専門分野の異なる相談員がいるので、担当を決めるために聞いています。
「どうやって仕事を探せば良いかイマイチ分からなくて」とか「ずっと部屋から出ていないので人に慣れるところからできれば」など、おおまかで十分です。
うまく言えなければ「分からない」でも構わないですし、関係ないことまで根掘り葉掘り聞いたり、「そんなことじゃダメですよ」なんて説教したりすることはありませんのでご安心ください。

③どこか他の機関を利用されていますか?
例えば「仕事に就きたい」というご相談の場合、ハローワークの存在を知らないのか、それともハローワークを既に利用している(していた)けれどうまくいかないのか、それによってサポートの方向性が大きく変わってくるので最初に確認しています。
他にも、病院を利用されているかどうかを聞くことがありますが、もちろん通院中イコール利用お断りということではありません。皆さんの安全のために、主治医の許可をとってから利用して頂くようお願いしています。

④こちらに来て頂くことはできますか
ある程度は電話でお話を伺うことも可能ですが、やはり直接お会いして今後の計画を一緒に立てていくところから本格的なサポートが始まります。
もちろん、何らかの事情でこちらに来所するのが難しい方であれば、ひとまず親御さんだけ来てもらうなど「最初の一歩に向かうための半歩」を考えることになります。

こんな感じで、来所面談の予約だけなら5~10分くらいであっさり電話は終わります。
また、実際に予約するときにこちらからお名前と電話番号を聞きますので、それまでは匿名で構いません。

電話が苦手な方は、メールでもだいたい①~④の内容を送っていただければ、同じように面談の空き状況を返信しています。

返信は日祝を除いて、メールに気づいたスタッフ(私も含めた3名で対応しています)ができるだけ早めにお返しするようにしていますが、まれに携帯アドレスにブロックされて送れないことがあります。
他にも、送って頂いたメールに件名がなかったせいか、迷惑メールと判断されて勝手に削除されていたこともありました。
「メールしたのに一週間経っても返事が来ない」ということがありましたら、お手数ですが改めてPCから送っていただくか、携帯電話の迷惑メール設定でsyaa.jpのドメインを解除するか、あるいはお電話でご確認頂ければと思います。

そういえば最近「最初のメールでは事務的な印象だったけど、会ってみたら相談員が温かくて安心した」と言われたことがあります。
どうしてもメールでは、文字数をむやみに増やさないために多少事務的にならざるを得ませんので、その点は大目にみてください。

以上、安心して相談してもらうために書いてみましたが役に立ちましたでしょうか。

「ブログでは親切な印象だったけど、会ってみたら松田は冷たくてガッカリした」と思われるのは多少覚悟していますが、その辺は大目にみてくださいね。

スタッフ 松田考